外反母趾に優しい国産靴をお届します。

靴のお手入れに際して

雨の日の靴のお手入れはどうしたらいいですか?
基本的には雨の日に革靴は避けたほうがよいでしょう。
雨の日には、それ専用の革や素材のもの、または水をはじくエナメルのものなどがお勧めです。が、やむを得ず雨や水で濡らしてしまったら、真水で全体をぼかすように拭き取ります。これで、汚れやシミがまだらになるのを防ぎます。次に乾いた布でよく拭き、中に新聞紙などを詰めて自然乾燥させます。
半乾きの状態で、汚れをふき取り、クリームなどでお手入れするとよいでしょう。
靴の型くずれを防ぐ方法はありますか?
履いてすぐ変形するような靴はあまり良い材料を使っているとは言えないでしょう。
きちんとした先芯やカウンターが入っていて、正しく履いていただいていれば(靴ベラを使う、雨に濡らさないなど)、すぐに変形することはないと思います。
靴をしまうときにシューキーパーを入れてしまうとさらに保形効果があります。
それでも、変形してしまったら、お店によっては相談にのってくれるところもありますので、聞いてみてはいかがでしょうか。
革靴の手軽なお手入れ方法を教えて下さい。
毎回いつもきっちりお手入れをする必要はありません。
まず、購入時、最初にクリームを薄く塗ってからお履き下さい。
その後は革に輝きが無くなってくるまで、しばらくの間は乾拭きだけで結構です。
でも、輝きが失われたら、面倒でもこの方法でしっかりお手入れして下さい。
1) ブラシを使って埃、汚れを落とす。
2) 靴用のクリーナーを使い、靴の表面に付いているクリームを落とす。
3) 靴ブラシを使用し乳化性のクリームを靴全体に薄くのばす。
4) 乾いた布でクリームをきれいに拭き取る。
5) さらに光沢を出したいときは油性のクリームを多めに塗り、水を含ませた布で円を描くように磨く。※ 革の種類によりお手入れ法も変わって参ります。詳細はお問い合わせ下さい。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3600-1192 受付時間[ 平日 ] 9:00 - 17:30

PAGETOP